【足のむくみ改善】ブーツでむくんだ足を改善するストレッチ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、HIRONAOです。

 

今回はブーツで足がむくんでしまう女性に、足のむくみはストレッチで改善できるということをお伝えしたいと思います。

ゴルフボール、タオル、壁を使った3つのストレッチ方法で足のむくみを解消していきましょう。

 

近年流行のブーツはスタイルをよく見せるために太ももの中間まで長さがあり、足をしめ付けてしまうデザインが多いです。

このようなデザインは脱ぎ履きがしづらい事から、一度着用すると長時間履き続けてしまうと思います。

 

太もも周りやふくらはぎなどをしめ付けることによって血流の流れを悪くし、負荷がかかった状態で歩くため筋肉を酷使してしまいます。

血行不良により足の冷えを引き起こしてしまうでしょう。

 

また、ブーツのヒールは足の裏が地面に上手く設置しないため、土踏まずやふくらはぎの緊張がより一層強まってしまいます。

 

ブーツを長時間履くことで、むくんでしまった足を改善するストレッチをご紹介します。

ぜひ読んでみてください。

 

1.ブーツでむくんだ足を改善するストレッチ3選

1.1.ゴルフボールで足裏の緊張を緩くする!

ブーツのヒールは土踏まずの筋肉が緊張してしまうとお伝えしました。

足裏でゴルフボールを転がすことで、足裏の筋肉の緊張を緩くしていきましょう。

1.まずは床にボールを置き、ボールの上にかかとを合わせます。

2.かかと→親指、かかと→人差し指、かかと→中指、かかと→薬指、かかと→小指にボールを転がします。

3.左右5往復ずつ繰り返しましょう。

 

☆ポイント

土踏まずの固い部分をゴリゴリしがちですがそれでは効果は出ません。

しっかりと足の指先まで転がす事で、足裏の筋肉を最大限に刺激しましょう。

最大限に刺激することで足裏の筋肉の緊張を緩ますことができます。

 

1.2.タオルを使った足指ストレッチで血行を良くする!

足指の凝り固まった筋肉を動かす事で血流の流れを良くし、むくみ改善につなげましょう。

足裏、足指、足首に効果があるストレッチです。

1.床にフェイスタオルを広げて敷きます。

2.タオルの端を指で握り、2つ折りにします。

3.その後、4つ折り、6つ折りと同じ方法で続けていきます。

☆ポイント

なるべく綺麗に折れるように足指と足首を柔軟に使いましょう。

 

1.3.壁を使ったふくらはぎストレッチでむくみ改善!

第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎは、下半身から上半身に血流を送るポンプの役割を果たします。

ここでは壁を使ったふくらはぎストレッチをご紹介します。ふくらはぎのむくみを改善できるオススメのストレッチです。とても気持ちいいのでぜひ試してみてください。

1.壁の正面に立ち、右足のかかとを立てて、指先を壁につけます。

2.左足を一歩後ろに出し、バランスが取りやすい位置で調整します。

3.先程、壁につけた右足のふくらはぎを伸ばすために右膝を伸ばしながら壁に近づきます。

4.痛気持ちいい範囲で60秒伸ばしてください。

5.足を反対に変え、1~4のステップで左足も同様に伸ばします。

 

☆ポイント

壁から1歩分離れて、土踏まずの半分より上の足裏を壁につけます。

壁につけた脚の膝を曲げないようにして、ふくらはぎの伸びを感じる。

 

2.【おまけ】正しい歩き方

昔と比べ、現代の靴はとても発達しています。しかしデザイン性・厚底・機能性を求めた結果、足裏に刺激が届かなくなってしまっています。足の指が発達せず、退化している傾向にあります。正しい歩き方を学び、普段から足裏を意識して歩いてみましょう。

1.足を地面に接地するときはかかと、小指球、母指球の三点を同時に接地(かかと比率高め)

2.かかと→小指球(小指側)→母指球→親指で地面を蹴りだすように歩く

 

図のようにかかとにかかる体重比率は高いですが、かかとだけから歩くわけではありません。

小指、母指球を上手に活用して蹴り出すと本来の歩き方に近づくでしょう。

 

5.まとめ

長時間のブーツ着用は

1.血流の流れを悪くする

2.筋肉を酷使する

       3.足先のむくみと冷え

 

を引き起こしてしまいます。

 

ブーツを履いた日ほどご紹介した3つのストレッチを入念に行う事で翌日、足のむくみが改善するでしょう。

オシャレブーツを履き続けるために、ぜひストレッチをお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料カウンセリング】実施中

cta-img-2

「ダイエット、筋トレが効果がでない・続かない。。」
もしかすると、トレーニング・食事方法が誤っているかもしれません。

MEDiGYMはそんなあなたに専属の医師や管理栄養士、プロトレーナーが全力サポート。
医学的見地をもとに、あなたの体質に合わせたトレーニング・食事指導で理想のカラダへ。

今なら【無料カウンセリング】実施中。
興味を持たれた方は「申し込み」ボタンをクリック。

お申込みはこちら

私が記事を書きました