【必読!】有酸素運動だけじゃダメ?リバウンドを防ぐトレーニングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、トレーナーのタクヤです!

ダイエットに成功したのに、リバウンドしてしまったという方は多いのではないでしょうか。せっかく努力して手に入れた身体が一瞬にして元どおり、なんてことも十分ありえます。努力を無駄にしないためにも、リバウンドを防ぐ効果的なトレーニングをご紹介します。

今回ご紹介する内容は意外と知られていないことですが、ダイエットの基本的な考え方です。この考え方を理解しておくことで、リバウンドを防ぐことが可能となるでしょう。

なぜリバウンドしてしまうのか

rebound5

なぜリバウンドしてしまうのでしょう。メカニズムを簡単にご説明します。

ダイエットに取り組む方の多くは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことで、カロリーを消費することに集中します。

seshu_shohihttp://caloriemama.net/

さらに、食事制限をすることで、摂取カロリーを下げようと試みます。その結果、消費カロリーが摂取カロリーを上回ったことによって、体重の減量に成功している例が多いです。
しかしながら、ここには意外な落とし穴があります。有酸素運動というものは筋肉量まで減少させてしまう可能性があるのです。

では、筋肉量が減ってしまうことは何が悪いことなのでしょうか。それは、筋肉量が減ることによって、基礎代謝量が減ってしまうという点です。基礎代謝量とは、運動をせずに安静にした状態で消費されるエネルギーのことを指します。

 

kisotaisya

つまり、筋肉量が減ることで、安静状態で過ごしている間に消費されるエネルギー量が減ってしまうのです。これにより、少しでも食事制限や有酸素運動を怠ってしまうと、基礎代謝によってエネルギーが消費されないため、必然的にリバウンドしてしまうことになります。

リバウンドしない身体をつくる上で意識しておくこと

training1

それでは、リバウンドしづらい身体をつくるにはどうしたら良いのでしょう。それは、筋力トレーニングを行うことです。

一見単純なことと思われますが、意識的に実践できている人は少ないように思えます。この知識を取り入れておかないと、いくらトレーニングや食事制限をしても効果を出すことが難しくなるでしょう。

今まで通り、食事や有酸素運動はぜひ続けてください。ただし、筋トレを取り入れることで、筋肉量を現在の状態にキープもしくはそれ以上を目指してください。

これにより、基礎代謝量が保たれた状態で、ダイエットが可能となります。脂肪のみが減少しているので、理想のダイエットと言えます。

巷で流行っているダイエット方法は、短期集中で取り組むことで一時的に痩せることはできるでしょう。しかし、筋力トレーニングが取り入れられていないダイエット方法であると、長い目で見れば努力が水の泡になりかねません。ダイエットには筋力トレーニングが必要不可欠であるということが我々メディジムの考えです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料カウンセリング】実施中

cta-img-2

「ダイエット、筋トレが効果がでない・続かない。。」
もしかすると、トレーニング・食事方法が誤っているかもしれません。

MEDiGYMはそんなあなたに専属の医師や管理栄養士、プロトレーナーが全力サポート。
医学的見地をもとに、あなたの体質に合わせたトレーニング・食事指導で理想のカラダへ。

今なら【無料カウンセリング】実施中。
興味を持たれた方は「申し込み」ボタンをクリック。

お申込みはこちら

私が記事を書きました

  • タクヤ
  • タクヤ
  •  
  • スポーツ生理学やスポーツ心理学などを専攻し、学術的追及も行う頭脳派トレーナー。 現在も医科学的なアプローチから世界トップクラスのトレーナー知識と学び、様々なトレーナー資格を取得し、お客様のトレーニングとMEDiGYMトレーナー陣のLevel向上に活かしおります。