肩こりは病気の前兆?ストレッチポールに乗るだけの姿勢改善トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
nekoze

st_kevin_circle

こんにちは、トレーナーのケヴィンです!

関節痛や肩こりにお悩みの方も多いのではないでしょうか。日々の生活で常に身体に痛みがあると、とてもストレスになりますよね。休日の貴重な時間も、痛みが気になり楽しむことができません。

痛みが原因で外に出るのも億劫になり、家に引きこもってしまう人も多く見受けられます。

これにより、活動量が減り、肥満の原因につながります。肥満により、重くなった身体がさらに関節に負担をかけてしまうでしょう。

このお悩みを解決するためにも、本日は関節痛や肩こりを治すトレーニングをご紹介します。

関節痛や肩こりはなぜ起こるの?

katakori

そもそもなぜ、関節痛や肩こりが起こるのでしょうか。関節痛と肩こりの二つに分けて、原因をご説明します。

関節痛は普段のクセが原因?

普段から、身体の左右の筋肉を均等に使ってあげていれば、関節が痛むことはないでしょう。
しかし、筋肉を均等に使うことはご想像の通り、とても難しいことです。

理由は単純で、人には必ずと言っていいほどクセがあるからです。毎日同じ肩にバックを掛けたり、電車の手すりを掴む手など、無意識のうちに片側の腕を頻繁に使ってしまっています。

また、昔から続けているスポーツによって、片側の筋力だけが大きく発達している方も、身体のバランスが歪んでしまっている可能性があります。

昔からの動作の積み重ねにより、よく使う筋肉と使わない筋肉が如実になっていきます。つまり、バランスの崩れた姿勢で身体を使い続けると、関節痛が発症してしまう可能性があるのです。

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりは、肩の関節に負担がかかることによって引き起こされる症状と言われています。

体の曲線がS字を描いている姿勢であれば、頭の重さが体全体に負荷分散されます。
猫背になってしまうと、頭が前に出るのでその頭を支えるために首周辺の筋肉に負担がかかります。
この負担が首回りの神経を刺激することで痛みを伴い、肩こりが起こると言われています。

関節痛も肩こりも症状が出てしまったら、それをかばう筋肉がさらに必要となります。
身体の痛みは悪循環を生んでしまいますので、早めに改善することをおすすめします。

ストレッチポールを使った姿勢改善トレーニング

strechpole出典:http://stretchpole-blog.com/

ストレッチポールで身体の歪みを解消しよう

上記で説明したように、関節痛も肩こりも、原因は身体の歪みにあると言えます。ここでは、クセにより歪んでしまった身体を治す方法をお伝えしましょう。

その方法とは、身体が歪まないような強い体幹をつくることです。強い体幹を得ることで、正しい姿勢を維持することができます。

その手段の一つとして、ストレッチポールの基礎トレーニングを紹介したいと思います。身体の歪みを自宅で解消できるトレーニングとなっているので、ぜひお試しください。

※ストレッチポールをお持ちでない方は、お近くのジムに出向くか、通販などでお買い求めください。身体の歪みを解消する以外にも、柔軟性を高めるなど効果のあるアイテムです。今後も、ストレッチポールを使用した記事を随時投稿していく予定です。

ただ仰向けに乗るだけ?

とは言え、ストレッチポールは特別な使い方をしなくても、ただ縦に仰向けに乗っただけで全身の筋肉が伸ばされるという効果的なアイテムです。

胸はもちろん、頭から首、肩や背中から腰まで伸ばしてくれます。自分の体重を利用し、優しくストレッチされるだけで本当に気持ちが良いです。

ストレッチポールの上で、呼吸をしたり、小刻みな振動を加えることで、深層部の筋肉まで緩めることができます。

骨の配列が本来の状態に戻ることもあり、単純なストレッチだけでは得られない効果があります。さらに、後頭部から背中、腰へと各部位が一本の軸に並ぶため、身体の芯がイメージしやすくなります。

早めの改善が病気の予防につながる

shisei

今回ご紹介したストレッチポールを使ったトレーニングは、確実に姿勢改善につながります。

ただし、上記でも記載しましたが、長年かかって形成された姿勢というのは、一度や二度のトレーニングで治すことは困難です。

毎日一回10分間、ポールに寝転がるだけでも良いので、継続して行うことが大切です。二ヶ月で効果は出てくるでしょう。漫画でも読みながらゴロゴロしてみてください。

身体の歪みを治し、関節痛や肩こりの痛みから解放されましょう。日々のストレスが緩和され、より良い生活となることだと思います。今後起こりうる症状を未然に防ぐためにも、今から継続してトレーニングすることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私が記事を書きました

  • ケヴィン
  • ケヴィン
  •  
  • 自身の怪我でのリハビリテーション経験を活かし、お客様に安全かつ効率的なトレーニングをご提供出来る、怪我等に対する医学的知識と経験が豊富なトレーナー。 昭和大学リハビリテーション科とも連携し、日々研鑽を積んでいる努力家。「Asia Model Festival Awards2007」でトップモデル賞受賞。現役モデル。
  • 【無料カウンセリング】実施中

    cta-img-2

    「ダイエット、筋トレが効果がでない・続かない。。」
    もしかすると、トレーニング・食事方法が誤っているかもしれません。

    MEDiGYMはそんなあなたに専属の医師や管理栄養士、プロトレーナーが全力サポート。
    医学的見地をもとに、あなたの体質に合わせたトレーニング・食事指導で理想のカラダへ。

    今なら【無料カウンセリング】実施中。
    興味を持たれた方は「申し込み」ボタンをクリック。

    お申込みはこちら